2017/08/02

お邪魔ッ子

私が楽譜読みをしたり、少しアレンジを入れるために
楽譜を起こす作業をしていたら…
やって来る来るお邪魔っ子
20170802214819457.jpg

ゴロちゃんは鍵盤の上も平気で歩きます。
しかも、立ち止まったり、行ったり来たりするので
妙な音が止まりません。

20170802214818998.jpg

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは

ゴロちゃんは、自分もピアノが弾けると思ってるんですかね。
行ったり来たりが実は、
ネコさんの耳には心地よかったり。ww

タレちゃんの具合はいかがですか。
今日も元気玉、行きますよ~

No title

楽譜を広げたら乗るのは、お約束ですよね~(^_^;)
新聞と同じ扱いですから…。
ゴロちゃんは、そのうち「ねこふんじゃった」くらいは弾けるようになるでしょう!
You Tubeで、ピアノを弾く猫さんを見ましたが、ゴロちゃんもアップしてみてください。
きっと、天才ピアノ弾き猫さんとして話題になるでしょうね!(^^)!

フルートは、ネジが緩んだりするので、メンテナンスは欠かせないんですよ。
私は、年に1~2回しかしませんが、プロの奏者は演奏会前には、必ずやっているみたいですし、5年に1回くらいはオーバーホールしてもらいます。
その料金が高いこと…7~10万円くらいなんですが、猫のご飯がどれだけ買えるかなんて考えてしまいます(-_-;)

Re: shah-sanさんへ

ゴロちゃん、名ピアニストデビューですかね。
デビューして、いきなり名ピアニストってすごいですけど。
自称は何でもOKなので…
何度、だっこして降ろしても何度も鍵盤に上がってくるんですよ。

タレちゃん、腎不全の数値はびっくりするほど
改善しました。

Re: きらちろママさんへ

楽譜も新聞も、包装紙もすべてペーパーですものね。
猫には、それに何が書いてあるかなんておかまいなしに乗ってきますよね。

アコースティックピアノも調律代がかかりますが、フルートもメンテナンスをしなければいけないんですね。
ひとつ勉強になりました。
よく考えたら何のメンテも要らない楽器なんて、ないですよね。
兄がギターの弦の張り替えをしているのを思い出しました。
長く、素敵な音色を奏でてもらう為にはそうやって大切にしなくてはいけないのね。