日常


またまた、この二人一緒にいます。
「上がるな」って何度言っても、電子ピアノの上に上がるので
カバーを作りました。
ホームセンターで大きめのテーブルクロスを買ってきて、
マジックテープと百均の手芸テープ(子供のお稽古バッグなどの
持ち手に使うやつです)をミシンでダダーっと縫いつけて
出来上がりです。
いちいちカバーをするのは面倒なのですが、なにせ抜け毛が
すごいのです。
電子機器に毛が入るのは良くないですよね。

そして、ほっせは…
201708011927588c4.jpg

相変わらず、ここで寝てます
20170801192757519.jpg
本日は、後ろ足はみ出しバージョンでお届けしました

コメント

Secret

No title

こんばんは

だだ~っとカバー作れるなんて、
さすがですね~
できる人はね、やたら簡単そうに言うんですよ。
でもね、できない人から見たら、神の手、神の業。
せっかくの新しいピアノですから、
毛がつかないように、ですよね。
困難ではありますが。

No title

今日はこないだより暑かったんでしょうね、ほっせ兄ちゃん。

うちのピアノも猫が来てからカバーかけました。
さすがたれくりたんさん、ちゃんとミシンを使って作られたんですね。
私は安全ピンです。
便利です、安全ピン。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ピアノの上にあがるな…と言って「わかりました!上がりません」なんて言うようでは、猫ではないですね(^_^;)
しかも電子ピアノは、ニャンズに上ってくださいと言わんばかりの形状ですからね~(笑)
ニャンズにしてみれば、キャットタワーだと思っていますよ。
抜け毛対策は、自己防衛しかないので、カバーで覆うには大正解ですね!
私もフルートのメンテナンスに行くと、必ずペットがいますね!と言われます(-_-;)

ほっせちゃん、ほっぺは痛くないのかな~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: shah-sanさんへ

いえいえ、ダダーっと縫うのはミシンが縫ってくれるのですから難しいことは何一つやってません。
しかもオンリー直線縫いですしね。
それよりも、YouTube動画のサイズをサクサク変更できる方が、私から見たら神業です。
ダダーっと縫ったカバーのおかげで、ピアノの上に散らばって、鍵盤のふた(スライド式)の間から入り込む毛は軽減されていると思います。

空気清浄機のカバーを開けて、中のフィルターを掃除機で吸うと大変なことになるので、きっと様々な電化製品が抜け毛の被害で寿命が縮んでると思います。

Re: まめよしさんへ

安全ピン活用術ですね。
でも、うちには破壊神ジューシーがいるので、安全ピンは一歩間違うと危険ピンになってしまう可能性があります。
ケージの周りに囲ってあるビニールをとめるのに、書類を挟むがっちりしたクリップ(洗濯ばさみみたいなやつ)でとめてあるのに、噛んではずしてしまうのです。
実は、うっかりしまい忘れた電子ピアノのヘッドホンのコードを食われて断線しました。
泣く泣く新しいのを買いました。
その後、ジューシーちゃんがケージから出て遊ぶ時間は巨大なプラ板(ホームセンターで購入)を部屋の仕切に代用してピアノの部屋に行けないようにして防御しています。
ジューシー、恐るべし!

Re: きらちろママさんへ

うちの猫は、賢くてききわけが良い出来る子なので「ピアノに上がっちゃいけませんよ」と言うと「はーい」って二度と上がらなくなりました…と言ってみたいのは、どこの飼い主さんも一緒ですね。

私、ピアノ以外の楽器の知識って全然なくて恥ずかしいのですが、フルートってメンテナンスが必要なんですね。
息で吹く楽器は小学生のハーモニカと、リコーダーしか知らなくて、リコーダーは使用後は中に溜まった唾液を振って出して乾かしておくだけだったので、その程度の知識です。
フルートにも、毛が詰まったり挟まったりするのかしら…?

あと、リサイクルショップに着なくなった服を持って行くと洗ってあるのに「ペットのいる方の衣類は引き取れません」と言われて返されます。
話が逸れましたが、このテーブルクロス改造カバーでなんとか抜け毛からピアノを守りたいです!
プロフィール

たれくりたん

Author:たれくりたん
猫と犬と、時々料理
まったり日常日記

最新記事
最新コメント
リンク
リンクを張っていただく場合はご連絡お願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: