topimage

2018-06

ニャニーズ しょの2 - 2016.09.10 Sat

今日はまた別なユニットで寝ております。


この中に入りたくて何度もオーディションを
受けたけれど、合格しない子がいます。
2016091018490816c.jpg

そして、とうとう彼はソロで活動するという
意を決したようです。
201609101849064a4.jpg


● COMMENT ●

No title

こんばんは

たんたちゃんはオーディションに合格できなかったんですか。
審査員は見る目がないのか、
ソロでの期待が大きすぎて、グループの審査へ横やりが入っているのか。
何にせよ、たんたちゃんはソロ。
いろんな稼ぎも独り占め。

No title

なんだか気の毒になっちゃうなぁ。
ゴロちゃんは後から来たけど、みんなと仲良しなのに。

もしかしたら
「あいつは腕枕してくれない」
って悪いうわさが広まっちゃったのかも。

誰だ、そんなうわさを広めたのは…

No title

たんたちゃんは、優しいお兄ちゃんたちを
ゴロちゃんに譲ってあげているのかなぁ…
甘えちゃいけないと思って遠慮しているのかも
しれませんね。
強がらなくてもいいのに…(=_=)

No title

ああおおううう…
タレクリ兄弟のゴロちゃんの尻を介したお尻合い、いやお知り合い、
また見る者を壊れさせるフォーメーションを…。

たんたたん、ソロの道はなかなか厳しいけど、売れたら独り勝ちでウッハウハだからね、あとギャラは等分しなくていいし、「メンバーの不祥事によるグループの連帯責任」もないし、スキャンダルにだけ気を付けて頑張るんだよ。

しかし、どうして嫌われちゃうんでしょうね。
やっぱり「足が短い=異質」と本能的に認識されてしまうんでしょうか。
それとも単にヤンチャ、いやニャンチャ坊主だからでしょうか。

Re: shah-sanさんへ

こんにちわ<(_ _)>

実は…
オーディションに合格しないというのは、表向きの話なんです。
本当はメンバーからのイジメ(?)というか、ハズされて仲間に入れてもらえないんですよ。
それで、公式発表は「音楽の方向性が違う」とか、かっこいい理由をつけてピンでやっていこうとしているようです。
猫猫芸能界もいろいろ事情があるみたいです。
でも、稼ぎのひとり占めっていいですね。

Re: とら母さんへ

私もかわいそうになっちゃうくらい、たんたんは兄弟に嫌われているようです。
たぶん、タレクリ兄弟がもっと若かった頃は孤独を愛していて、たんたが家に来たのがそういう時期だったのだと思います。
そして子猫だったたんたが、タレクリ兄弟を慕ってしつこく寄っていったのが嫌われるきっかけになったのだと…。

やっぱり、短足だから猫として認められていないのかなぁ…。
そういえば兄弟はジューシーちゃんも好きじゃないみたいです。
見た目重視なのかなぁ。

Re: きらちろママさんへ

殴られても殴られても、タレクリ兄弟にスリ寄っていく短足王子。
見ていてちょっとかわいそうです。
でも、本人は全然めげないんです。
毎日毎日同じことをくり返しています。
明るく前向きというか、小さいことは気にしないというか…。
私にとっては羨ましい性格ですよ。
そんな、ピンたんたをこれからも応援してやってください。

Re: まめよしさんへ

タレクリ兄弟が若い頃、いまみたいに他の猫を受け入れない感じだった時期に子猫たんたがやってきて、弾丸のように走りボールを追いかけ、タレクリ兄弟にじゃれて絡まっていたので、兄弟にとってはたんた=迷惑でめんどくさい子なのだと思います。
だから、いまでも絡まって近づくと大きな手で威力のないパンチでポシポシと殴られるのです。
まぁ、そんなことを気にするたんたでもないのですが、見てるとちょっとかわいそうになります。

確かに短い足は異質だと思っているフシはあります。
そして、ジューシーちゃんもかなり異質だと思っているようで、受け入れられません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taretaaan.blog.fc2.com/tb.php/1433-37a66ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乗ってるし «  | BLOG TOP |  » ニャニーズ

プロフィール

たれくりたん

Author:たれくりたん
猫と犬と、時々料理
まったり日常日記

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

カテゴリ

未分類 (570)
楽しいモノ (29)
おさんぽ (30)
美味しいもの (86)
ねこ (1080)
いぬ (62)
映画 (33)
聴いてみて (2)
ピアノ (13)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: