巣立ちの時?

つい先ほどのことです。
うちのすぐ裏にある空き地から、小型犬のような
「ケーン」と「キャーン」の間のような鳴き声が
聞こえたので、心配になって行ってみました。
そうしたらこの子が困って座っていました↓

(手前の白いのは懐中電灯が写ってしまいました。すいません)

どうやら、子ギツネのようです。
201511161915257ee.jpg
近づいても逃げないので、ケガでもしているのかと
思ったのですが、ある程度の距離まで接近すると逃げるので
ケガはないようです。
この春に生まれてそろそろ巣立ちで、親キツネに
巣を追い出されて困り果てている様子でした。
でも、野生動物へのエサやりは絶対にNG。
クルマにひかれないように、自分でエサが捕れますようにと
願って応援するだけでした。


コメント

Secret

こんなに近くにいるんですね。
ツルちゃんの散歩のときにも、野生の動物に遭遇されている記事を見せてもらいましたが、どうしてあげることもできない子ギツネなんて切ないですね。
自分で生きる術を覚えていかなければならないんですよね。
元気に成長してほしいと祈るばかりです。

厳しい野生の世界、
いつまで経っても子離れできない人間の親にも見習ってほしいもんです。

私も一度だけ子ギツネが甲高い声で鳴くのを聞いたことがありますが、
ほんとに「コーーン」って言うんだな、と感心(?)しました。
キツネ、可愛いですよね。
ただ、もう、エキノコックスさえなければ…。

切ない鳴き声だったでしょうねぇ~
いきなり叱られ、追い回され、戸惑いながら自立を覚悟
厳しい野生の世界。でも、次につなぐ命の為に・・・

がんばれ~!!生き抜いて素晴らしい伴侶に巡り逢うんだぁ~~~

Re: きらちろママさんへ

動物が人間の居住域に入って来ているのか、人間が動物の居住域に住んでいるのかが難しいのが北海道です。
特に道東は手つかずの自然も多いですしね。
自然界ではある程度成長したら、自分で生きていかなくてはいけないのですよね。
昨夜のこの声は、しばらく鳴いていたのでちょっと辛かったですが、きっと山を目指して元気に生き抜いてくれるでしょう。

Re: まめよしさんへ

子ギツネ、可愛かったです。ふわふわでした。
これが子犬or子猫だったら、とっとと保護している所です。
熊だって、子熊は可愛いのです。
私が子供の頃、阿寒湖周辺のお土産店の店先に子熊(ヒグマの子だと思われます)が、犬用の首輪を着けられて鎖で繋がれて客寄せに使われていました。
今では信じられないですよね。

キタキツネ、エゾシカ、ヒグマは周辺にはたっぷり生息している所です。
市街地でもちょくちょく目撃します。
ヒグマは1回しか見たことがないです。

Re: にゃいははさんへ

困り果てたような切ない鳴き声でした。
きっと、子ギツネは迷子になった気持ちで不安で不安でたまらなかったのでしょうね。
でも、私たちが手を出す分野ではないので見守るしかありませんでした。
本当に、元気に成長してほしいです。
プロフィール

たれくりたん

Author:たれくりたん
猫と犬と、時々料理
まったり日常日記

最新記事
最新コメント
リンク
リンクを張っていただく場合はご連絡お願いします
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: