絶叫寸前の話


朝イチでパグの帝王切開がありました。
それを手伝ってから、自分の病院に行ってきました。
数日前から悪化し、私を泣かせてくれていたデキモノ。
いよいよ、どうにもならないくらい痛くなり腫れてきて
週末になってしまうので、意を決して行きました。

何科で受診してよいのかわからずに、総合案内できくと
皮膚科に行って下さいとのことで、皮膚科で受け付け。

いちばん、痛い所に局所麻酔のキシロカインの注射を
ブツっと。「ちょっと痛いですよ」なんて言われたけれど、
ちょっとなんてものじゃなかったです。
痛さとガマンで吹き出すイヤな汗…(゚◇゚)
でも待合室には小さなお子さんもたくさんいたので、
ここで私が絶叫したらあの子たちに要らぬ恐怖心を与えて
しまうかも…と思いぐっとガマン。
切開して、ギュウギュウ絞られましたがこれがまた
痛いの何のって…。
傷口がふさがらないように、切開した所にガーゼを詰められ
処置が終了。
あぁ、ネコがケンカして化膿すると獣医は切開して排膿
させるのですが、そのときにネコはギャーギャー鳴きわめき、
獣医や保定している動物看護士に噛みつきにくるのですが、
今日はそんなネコたちの気持ちがよくわかりました。
あぁ、疲れてグッタリです。
抗生剤の点滴をして、痛み止めを出してもらって、
明日も抗生剤の点滴に行って、明後日は先生が傷の状態を
診てくれるそうです。
ハァ(´ヘ`;) 早く治りますように。

あ、そうそう。
こういう炎症のひどいときには手術が出来ないのですって。
炎症が落ち着いて2ヶ月くらいしたら、炎症のもとになって
いる芯を取り除く手術をしますって言われました。
それもコワイんだけど…(とても弱虫、根性なしの日本代表です)

20151016203904318.jpg
帰ってきて、ソファーで休んでいると癒し部長が側で
付き添ってくれました。
ありがとう、ゴロちゃん♡♡♡



プロフィール

たれくりたん

Author:たれくりたん
猫と犬と、時々料理
まったり日常日記

最新記事
最新コメント
リンク
リンクを張っていただく場合はご連絡お願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: