topimage

2017-08

タレちゃんの検査 - 2017.08.03 Thu

久しぶりにタレちゃんの血液検査をしました。
BUN(尿素窒素)は前回(6/10)に、147だったのが、
今回は26,5まで下がりました。
(正常値8,0~22、0)

クレアチニン(腎臓の排泄機能の目安)は前回は12,39
(正常値0,5~1,1)で、今回は1,86まで下がりました。
両方ともほぼ正常値と言っても良い数値です。
いままで、腎不全の数値がここまで回復した猫は
正直見たことがありません。
一過性の腎不全だったのでしょうか…
しかし、これよりも獣医を悩ませる数値が出てきました。
総たんぱくはそこそこあるのですが、アルブミンだけが
低くなっています。
(アルブミン=総たんぱくの60%を占める成分で肝臓の働きや
栄養状態をみる数値)
さらに、白血球も高いし白血球の中の成分で好酸球だけが
異常な高さになっています。
これは白血球の一種でアレルギーに関与し、喘息、寄生虫、
じんましんなどで増加します。
そして、A/G比というのが、すごく低いのです。
これは、私もよくわからないので説明できないのですが、
「産業動物(乳牛など)で、この数値が出たら予後不良で
廃用やで」と言われました。

とりあえず、腎不全の治療は一旦終了して、血液異常の治療を
始めました。
ステロイドと抗生剤の注射をしています。
ステロイドを使用し始めた割には、食欲はあまり上がりません。
まぁ、活動しなければそこそこ持つかな…という量は食べていますが、
いやいや、しぶしぶ、仕方なく食べているという感じです。
元気がないというほどぐったりしているわけではないのですが、
獣医は頭を抱えています。
2017080319273663f.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

たれくりたん

Author:たれくりたん
猫と犬と、時々料理
まったり日常日記

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

カテゴリ

未分類 (571)
楽しいモノ (29)
おさんぽ (31)
美味しいもの (86)
ねこ (1083)
いぬ (62)
映画 (33)
聴いてみて (2)
ピアノ (13)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: